不動産を購入しようとお考えの方へ|支払う税金のことも知っておこう

暮らしやすい都市

お金

都市としての魅力

西東京市は、都区部の西側に位置する都市です。2001年に、2つの都市が合併することで誕生したのですが、その頃から再開発もさかんに進められるようになりました。駅前を中心に、古い建物は取り壊され、大型の商業施設やマンションなどが建設されるようになったのです。発展に伴って、どんどん暮らしやすくなっているため、西東京市で不動産を購入し、転居する人は増えています。もともと西東京市は、副都心へのアクセスに便利な地域です。池袋にも新宿にも15〜25分で行くことができるため、副都心に通勤または通学をしている人からも、西東京市の不動産には高い需要があります。さらに公園や川など自然と触れ合うことのできる場所も多いので、のびのびと過ごせる住宅街として人気があります。

価値の安定した資産

西東京市の地価は、バブル期に一時的に高騰したものの、2000年頃にバブル期前の数字に戻り、その後は現在まで安定しています。具体的には1平米あたり約30万円ですが、バブル期を除き、地価は数十年間この状態なのです。今後も急激な下落はないと予想されているため、西東京市では安定した資産として不動産を購入できると言えます。ただし、西東京市には市内の5箇所に駅があるのですが、その周辺に関しては、先述したように再開発が進められています。その分、転居してくる人が増えているため、購入できる不動産は少なくなりつつあります。そのため購入を希望している場合は、早めに不動産会社に優良不動産や未公開不動産を紹介してもらうことが大事です。